肩こり(初期症状で対処しないと、どんどん悪化して、頭痛の原因にもなりかねません)に良い成分としては、以下の3つが代表的でしょう。 ・ビタミン類 ・ルテイン ・コラーゲン(皮膚だけでなく、骨や軟骨、内臓や血管にもあります) まず、ビタミン類についてですが、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどを積極的に摂ると、肩こりの症状が改善するかもしれません。 例えば、ビタミンB1は筋肉の疲労を回復させてくれますし、ビタミンB1(日本では、1910年に農芸化学者の鈴木梅太郎氏が発見したそうです)2には貧血(血液中のヘモグロビン濃度が低くなることで、十分な酸素が運ねれず、細胞が酸素不足になってしまいます)を改善したり、末端神経の損傷の修復をしてくれる作用があるのです。 また、ビタミンCが不足すると肩こりが酷くなるだと言えると思います。 それに、ビタミンEは血行を促進してくれるはずです。 ルテインは眼精疲労の回復に効果があると言われていますから、パソコンやスマホなどで目が疲れて肩こりが起こっている場合には、ぜひ摂るようにしてください。 それから、コラーゲン(美肌効果や関節痛などの改善効果が期待できるとして、たくさんの商品が開発され、売られています)も肩こりに良い成分の一つです。 コラーゲンといえば美肌効果が知られているのですが、コラーゲンの新陳代謝(?えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)を促進させる効果は肩凝りの改善にも役立ちます。 他にも、葉酸やカプサイシン、大豆イソフラボン(豆乳や豆腐などの大豆製品に含まれていることが多いでしょう)なんかも、かたこりにいいと言われている成分ですー